アイ・コンサルティングのオープン型勉強会

財務レベルアップ研修会

財務知識のいろはの「い」を学ぶ研修会。
もし財務に関して苦手意識をお持ちなら、ぜひこの研修会にご参加を。

こんな方に最適です!

・財務に対する苦手意識が強い。
・財務諸表の意味や見方が全く分からない。
・本当にイチから基礎から財務を学びたい。
・以前に本やセミナーで学んだことはあるが、その知識が結局、何も残っていない。

狙い(ゴール)

①貸借対照表の大枠の意味が理解できる。
②損益計算書の大枠の意味が理解できる。
③資金繰り表やキャッシュフロー計算書の大枠の意味が理解できる。
④基本的な経営分析ができるようになる。

受講人数

標準:4〜6名
(少人数制で質疑応答を交えながら丁寧に進めます。)

対象者

経営者、経営幹部、財務・経理担当の方、など

期間・時間

月1回 / 1回3時間 / 全3回コース

参加費

全3回で、お1人、45,000円(税込49,500円)

開催場所

アイ・コンサルティング事務所
(湘南台駅より徒歩7分)
※お車でのご参加も可能です。

講師

谷川宏樹
(中小企業診断士、ターンアラウンドマネージャー)

プログラム

第1回 決算書の見方の基礎を学ぶ                
第2回 お金の流れを把握する
第3回 経営状態や経営成績を分析する

これまでの参加者の声

「苦手意識で分からずにきたが、整理して流れをつかめば理解ができた」

貸借対照表、損益計算書の基本がよく分かりました。これまでは苦手意識で分からずにきたが、整理して流れをつかめば理解ができました。これからは自社の数字を分析して、税理士に任せっぱなしではなく、突っ込んで決算対策をしていきます。非常に分かり易かったです。ありがとうございました。

「もっと知りたい、財務は面白い、と思えることができた」

財務は難しい、中々覚えられないという意識がありましたが、やわらかく、分かり易く説明して頂き、本当に基礎を学ぶことができました。意味が分かると数字を見るだけで会社の色々なことが見えてくることが分かり、もっと知りたい、財務は面白い、と思えることができました。これからずっと仕事で使うものなので、楽しいと思いながらやっていけることが本当にうれしく思います。

「決算書の数字が、具体性を持ってきた様に感じた」

損益計算書、貸借対照表に書かれていることの意味が理解できました。今まで見たり聞いたりしていても、本当の意味を解っていなかったと思いました。数字の羅列が意味を持っていることがよく解り、普段見ている決算書の数字が具体性を持ってきた様に感じました。すごく解りやすい説明で理解しやすかったし、少人数でアットホームな環境で学習できたことも嬉しく思えました。

「やはりトップが『数字に弱いです』ではもう通用しないと思う」

気付いたことは、すごく丁寧に説明してくれて分かったつもりでも、演習をやってみると意外とつまずいたりして、やはり時間をかけて慣れていくことが大事だと思いました。決算書、財務関係はコンサルに任せっぱなしだったのですが、やはりトップが「数字に弱いです」ではもう通用しないと思うので、今回勉強したことをベースに、見慣れ、読み慣れて、決算書の内容を自分で分析できるようにしていきたいです。楽しく勉強することができました、ありがとうございました。

今後の開催情報

次回の財務レベルアップ研修会_基礎編(第9期生)

2024年5月21日(火)スタート予定。

参加者募集開始!

案内資料がこちらからダウンロードできます。

案内資料ダウンロード

お申込みは、案内資料の申込書をFAX、もしくは下記のお申込みフォームから。

研修会の風景を弊社Facebookにてご覧いただけます。

https://www.facebook.com/ai.consulting1989

お申込みはこちら

お申込みありがとうございます。
通常、弊社からのお返事は3営業日以内に送信させていただきます。
エラー: 申し訳ございません。送信内容を今一度ご確認ください。