財務レベルアップ研修会(基礎編)

財務の基礎的な事柄を学べる入門編です。

財務諸表の見方がほとんど分からない方で、財務諸表の基礎をしっかりと理解して自分のものにしたい経営者・幹部の方々にもお勧めです。

このような方に

☑財務に対する苦手意識が高い方。

☑財務諸表の意味や見方がほとんど分からない方。

☑本当にイチから基礎から財務を学びたい方。

☑以前に本やセミナーで学んだ事はあるが、その知識が結局何も残っていない方。

                                  等々           

3つの特徴

<特徴①> 財務知識の「土台」をつくれる!

基礎や重要ポイントに集中してしっかり学び、財務に対する苦手意識を払拭することで、今後、財務に触れる度に理解度が深まるための下地ができます。

 

<特徴②> 少人数で、質問しやすい雰囲気!

最大6名の少人数で、財務諸表の意味や見方が分からない方同士なので、質問し易く、また質問を歓迎して一人ひとりが理解できるように丁寧に進めます。

 

<特徴③> 自社の決算書、収益構造がわかる!

研修の中で、実際の自社の決算書をお持ち頂き、それを用いて理解を深めることも可能です。

(※当社用意のモデル決算書での受講も可能です。)

対象者

経営者、後継者候補、経営幹部、経理・財務担当者の方 等

受講人数

~6名程(最少催行人数4名、最大参加人数6名)

 

各回テーマ

第1回 「決算書の見方の基礎を学ぶ」 

自社の成績や財務状態を表す決算書、その見方の大枠を学び、自社を客観的に分析するための基礎知識を身に付ける。経営判断に必要な事柄のみをシンプルに捉えることで、財務が専門知識を要する難しい意識を払拭する。

<項目>

・貸借対照表の見方

・損益計算書の見方

・自社の決算書(もしくはサンプル決算書)を用いて理解を深める。

 

第2回 「自社の収益構造を捉える」 

決算書とは少し異なる数値の見方として、損益分岐点、限界利益、変動費、固定費、などの概念を理解する。自社の収益構造をより正しく、かつ、今後の経営に活かしやすい捉え方を出来るようにする。

<項目>

・限界利益、変動費、固定費の概念

・損益分岐点、操業停止点の概念

・収益構造の要所を押さえ、視覚的に捉える方法

 

第3回 「お金のながれを把握する」 

損益計算書とはまた異なる「お金の流れ」について学び、会社にお金を残すための視点をもてるようにする。キャッシュフロー計算書の見方や資金繰り表の作成方法などの基本的な事柄を押さえる。

<項目>

・キャッシュフロー計算書の考え方

・キャッシュフロー計算書の見方

・資金繰り表の作成の仕方

期間・時間

1回3時間、全3回

※2回目以降の日程は参加者の方々で日程調整をし決定致します。

 

開催場所

弊社事務所(湘南台駅より徒歩7分)

※お車でのご参加も可能です。

 

会費

お1人、全3回 45,000円(消費税別)

 

 ※詳細は「【資料一式】財務レベルアップ研修会(基礎編)」をページ下よりダウンロード下さい。

ダウンロード
【資料一式】財務レベルアップ研修会(基礎編)
【資料一式】財務レベルアップ研修会(基礎編).pdf
PDFファイル 1.1 MB